保育士の資格とは

人材不足ということもあるため、近年では保育士の需要が高まっています。保育士になって子供たちに囲まれながら仕事をしたいという方も多いことでしょう。保育士になりたいと考える人はまず、保育士の資格を取る必要があります。どのように取るべきなのか、どういう準備をしておくべきなのか、ここでは保育士の資格の取り方や試験内容などについてご紹介します。

保育士の資格は、所定の学校で保育について学んだあと、保育士試験を受験して合格すれば得ることができます。所定の学校というのは、大学や短大、専門学校などさまざまにありますが、そのなかで決まった科目をきちんと受講し、卒業することが求められています。卒業後は保育士試験を受けて、そのあと保育士登録をし、最終的に保育士証を交付してもらえるというわけです。

保育士の資格はこのように決まるため、特に限定された人しか受けられないことではありません。たとえば保育専門ではなく一般的な大学を卒業した、あるいは高校を卒業した場合でももちろん受験資格はあり、実習を積むか保育の授業を別途受けるかなどして得ることができるのです。年齢制限もないために、何歳でも受けることができます。保育士の試験は幅広い層を受け入れており、決して狭き門というわけではないのです。

受験時には勤務経験や卒業証明などの書類が必要になるため、これらをよういしておかなければなりません。これらをきちんと用意することではじめて受験できるという資格を得られます。


★ 保育士資格 関連情報 ★
保育士の働き方を知る手段として、求人案内があります。こちらのサイトでは、およそ4万件以上の求人案内が掲載されており、仕事内容だけでなくそれぞれの施設の方針や雰囲気などを知ることもできます。就職活動中の方だけでなく、現在勉強中の方も参考になるでしょう ⇒ 保育士 求人案内

Copyright©2017 保育士ってどうしたらなれるの?資格や試験とは All Rights Reserved.