幼稚園教諭試験との違い

保育士試験とよく比較されるのが幼稚園教諭の試験です。これらはどちらも子供の面倒を見る役割を果たす、職員になるための試験だからです。しかしながら、そもそも保育士は保育のプロ、幼稚園教諭は学校の先生といった括りになっており、保育士は厚生労働省で認可される傍ら、幼稚園教諭は文部科学省で認可されるという大きな違いがあります。

しかし基本的に受けなければならない試験内容などは非常に近しいものがあります。保育士同様、幼稚園教諭の場合も大学や短期大学で必要な単位を修得しなければなりませんし、それによって免許を取るか、国家試験を独自で受けるかという、保育士と同じ道をたどっているのです。

また、近年では幼稚園教諭の資格を取る際に、保育士資格を持っていればある程度免除されることや、逆に幼稚園教諭の資格を持っていれば保育士試験の筆記をいくつか免除できるなど、互換性のある資格としても知られています。保育士の資格と幼稚園教諭の資格を両方持っていることは、とても大きなメリットになります。どちらでも働けますし、知識の幅も大きく広がっていることでしょう。このように、保育士の資格と幼稚園教諭の資格は管轄も違えば試験内容も少し違うのですが、かぶるところも多く、互換性の高い資格として知られているのです。

Copyright©2017 保育士ってどうしたらなれるの?資格や試験とは All Rights Reserved.